手作り化粧品キャリアオイル
キャリアオイルとは、アロマテラピーなどによるマッサージやスキンケアでエッセンシャルオイル(精油)を希釈するために使用する基材、植物性オイルのことです。

キャリアオイルそのものにも、ビタミン類やタンパク質、ミネラル分が含まれ、保湿力に優れ、肌をやわらかくなめらかにする栄養分が豊富に含まれ、薬理効果もありますが、エッセンシャルオイル(精油)を皮膚の深部にまで浸透させ、血液やリンパ液まで運ぶ重要な役割ももっています。

低温プレス法という加熱しない方法で抽出されたキャリアオイルは、熱処理法や溶剤で抽出されたものよりも高品質です。

熱などによる成分の変質がなく、一切加工されていない、原料植物の成分をそのまま利用できるからです。食用の植物油は、製造時に様々な加工を経ているので、キャリアオイルには向きません。

多目的に使えるキャリアーオイル(ベースオイル、基材)

キャリアオイルは基本的には何も配合せずに単体でそのまま使うこともできますが、特別なオイルとブレンドすることで、その成分をより豊かにすることもできます。

  • スウィートアーモンドオイル:
    アーモンドの実から抽出され、肌を沈静させ、やわらかくする効果があります。スウィートアーモンド種を使用します。ビタミン、ミネラルなどを栄養分に富み、ボディー用植物油として最適です。
    赤ちゃんにもおすすめ。

  • アプリコットカーネルオイル:
    杏仁から採取され、ミネラル分とビタミン類が豊富に含まれています。
    軽くて皮膚への浸透性が高い、天然の保湿剤です。

  • 手作り化粧品キャリアオイルひまわり油:
    ビタミンEを含み、ボディー用マッサージにも適しています。

  • 大豆油:
    軽くて栄養分が豊富で、皮膚への吸収性が早いのが特徴。
    脂性肌に最適です。

  • グレープシードオイル:
    マスカット種のレーズンを熱処理して採取されます。
    脂性肌に向いています。


特別なキャリアオイル

多目的に使えるキャリアオイルに、この特別なキャリアオイルを配合することで、皮膚への浸透性がさらに高まり、水分が必要な乾燥肌に栄養を与えるだけでなく、ブレンドオイルの寿命をのばすこともできます。

  • キャロットオイル:
    ビタミン類が豊富で、特にビタミンAを多く含みます。
    他のオイルに配合するときには、10%程度の濃度にすること。オレンジ色のオイルなので、肌を一時的に染めてしまうことがあるからです。

  • ゴマ油:
    生のゴマから抽出され、ほのかにナッツのような香りがあります。
    不飽和脂肪酸が85%含まれ、他のオイルに加えると、より栄養価が高くなります。(調理用ゴマから作られた茶色のごま油は使わないように・・・)

  • アボカドオイル:
    新鮮なアボカドの実から採取されます。
    ビタミンAとビタミンBが豊富で、レシチン、タンパク質、脂肪酸も多く含まれます。肌をやわらかくし、吸収性も早いのが特徴です。

  • ホホバオイル:
    砂漠の常緑樹の実から採れる、天然の液状ワックスです。
    その化学成分は皮脂とよく似ていて、しかも殺菌作用があるため長持ちします。皮膚から吸収されやすく、べとつかずに肌をやわらかくします。
    クリームを濃厚にするためにも使います。

  • 小麦胚芽油:
    栄養分に富み、ねっとりいた濃厚なオイルで匂いも強いのが特徴です。
    10%~20%の小麦胚芽油を他のキャリアオイルに加えると、酸化を防ぎ、ブレンドオイルの寿命を延ばします。ビタミンEの働きで、酸化しにくく、血液循環を促進たり、アンチエイジング効果もあります。